出張メンテ in 遠州浜松

今年も九州福岡から!

行ってきました!!

遠州静岡浜松ぅぅぅーーー!!!


車で行くと余裕で10時間はかかるので、

朝出ても付いたら夕暮れ💦

浜松ICを降りると三日月(月齢3.3)がお出迎えしてくださいました🌙


それでは本題、、

メンテナンス遠征に行ってきたご報告。


一日目は"浜松市天文台"



私たちがメンテナンスを担当しているのは、

移動天文台車"きらきら号"

に、

搭載されている望遠鏡たち。


主役は、

ガリレオ望遠鏡(弐号機、シュミカセ口径30cm、電動自走式)


今年はコロナの影響で出動機会が激減したらしく、、、


例年のような汚れの付着や、、、


例年のような使い込まれた感が少なく、、、


少し寂しい気がしました😢



 


二日目は、"水窪文化会館"


ちょうど外壁リニューアル工事が終わったばかりでした☆彡

個人的には去年までのコンクリ感も好きでしたけどね~


この水窪文化会館は浜松市天竜区にあります。

広い浜松市内を北上するわけですが、

国道152号線が7月の台風以降通行止めに。。

天文台に行かれる方はご注意ください!!



それでは望遠鏡の話に戻ります。

"天守閣"のように輝く"天文台"の中には、、、


ペンタックス15cm!!


佇まいが美しい!

MS-5赤道儀とのコンビです。


こちらも今年は観望会をお休みされていたようで、

レンズ表面などにカビの付着がありましたね😢



2020年前半は両天文台とも活動を控えていたようですが、

最近は観望会や活動を徐々に再開されている様子です。


はやく元通りの天文活動ができるといいですね♪



 

締めの写真はJR浜松駅から"駅前星景"


楽器の街浜松と奥のアクトシティ浜松。

北天が駅舎側だからこっち側は南口??

出張の合間に撮影。

もう少し星が明るく写るとよかったな(;^ω^)

 

天文ハウスTOMITAでは、

望遠鏡のメンテナンスだけではなく、

天文台など天体観測ドームのメンテナンスや修繕・改修なども承っております。



くわしくは↓

トミタHP公共天文台メンテナンス

にてご紹介しております。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!




閲覧数:215回0件のコメント