• Amamon3

太陽系の果てを感じよう

皆様こんにちは。もう12月、早いですねぇ。

真冬並みの寒さなのに部屋でまだ扇風機が稼働している “あまもん🐻”です

毎週水曜日のバラエティーコーナー!



今週ご紹介する「太陽系の果てを感じる」ものは……コチラ!↓

↑ハセガワ 1/48 無人宇宙探査機ボイジャー

価格¥2,200(税込)

2012年発売。2021年1月再販予定。


パッケージの土星を探査するボイジャーがカッコいい

1977年から現在まで44年間も稼働を続けている宇宙探査機です


←ゴールデンレコード(NASA)

ボイジャーは地球の音や挨拶、位置を記したこのゴールデンレコードを持って、太陽系(太陽圏)から脱出していった少し特別な探査機です。



↓余談ですが、よく見る金色のアレ、実はレコードカバーだったんですね!

ずっとレコード本体だと思ってた…

描かれている模様は中のレコードの再生方法や再生に成功した時の最初の画像なんですって。へぇー




では中身を見ていきましょう。

↑パーツ構成。ランナー(枠)5枚+支柱1本ですが、本体に使うのは白黒の3枚です。パーツ数は86。

接着推奨のようですが、一応ニッパー(と接着剤)だけでも作れます。


組んでしまうと塗装はほぼ不可能(パーツを外すことも不可能なくらいパーツ強度が弱い)なので、クオリティを求める人は先に塗りきって組んだ方がよさそうです


組立説明書。ボイジャーについてかなーり細かく解説されています。

(時が小さすぎて読めない!○○○ルーペ風)

大変勉強になります。2012年の情報なので位置情報は古いです。


中には組み立て方はもちろん塗装指示や塗料の種類もあり。






↑A5サイズのカードタイプ冊子。ボイジャーの各観測装置の説明や探査の目的、現在の位置(2012年現在)が分かりやすく記載されています。フリガナは無いものの絵は多く、何よりカラーなのが良き。


ボイジャーは2機(1号、2号)ありますが、仕様に大きな違いはありません。強いて言えば、2号の方が電池の容量が大きいくらい。



では、各部組立ざっくりとどうぞ

まずは「高利得アンテナ」部分。

直径3.7mの交信用アンテナ。地球と交信するために使用。模型でのサイズは76.2mm。でっかい。もう皿。

手順は表から組み立てますが、裏のパーツ(B42)を先につけていた方が破損せず組めそうでした。


上の写真中央にある細い柱などあちこちに登場するトラス。

手のひらに3つのせてこのサイズ(キットの中で一番大きいトラスパーツです…)

取り付けは穴にはめ込むだけですが、ピンも穴も小さいので無理に力を込めると簡単に折れます。




ちなみに私は完成までにあちこち3ヶ所折りました。哀しみ。

折れた時の為にプラモデル用接着剤などがあると安心デス((((;゚Д゚))))



「計測装置マスト」部分。めちゃくちゃ小さいけれどしっかり機器が再現されています。

カメラや各観測装置が色々積まれています。電池の出力低下に伴い、徐々に電源が切られている装置たち。おつかれさまでした。


←ボイジャーの電源「原子力電池」

探査機や人工衛星と言えば、大きな太陽光パネルを広げているイメージですが、太陽から遠い場所の探査に太陽光パネルではパワー不足。

ボイジャーは寿命の長い原子力電池を3つ積んでます。


長寿命ですが年々出力が低下。2025年ごろ全機能が停止すると予想されています。



ここまでのパーツをハウジング(手に持っている黒いところ)に合体していきます。

ここには写っていませんが、必ず先に細くて長い「惑星電波/プラズマ波アンテナ」(C1、C2)を付けましょう。説明書で見逃して、うっかり外側のパーツを付けると接着以外取付けられなくなります。

写っていないという事はそういう事です。




←磁力計ブーム

惑星の地場を計測する装置。


約30㎝とめっちゃ長いです。本物は13m

写真では分かりづらいですが、よく見ると本物同様にらせん状も再現されています。

細かい。


これも先ほどの本体に取付けます。





最後にゴールデンレコードを取り付けて(ゴールデンレコード取付写真撮り忘れ)

本体と土台を支柱でつなげば……

ボイジャー完成!

黒にゴールデンレコードが目立ちますね

無塗装でも十分かっこよくないですか?

土台は地球になっています。ゴールデンエイリアンはおまけ。




←背面

ゴールデンレコードは金メッキ塗装済みなので、つけるだけでOK


排気口っぽい見た目の部分、本来はシルバーですが黒でも〇