Crux140Travelerの不具合対応について


いつもCRUXマウントをご愛用いただき心より感謝申し上げます。

先般より国内外のユーザー様からCrux140Travelerでガイドグラフが突然JUMPしてしまう現象が起きるとご報告をいただいており、当店及びメーカーで原因究明と対応について検討しておりましたが、この度Hobym Observatoryからこの不具合に対する対応が正式に発表されました。

まず以下に不具合の症状・原因とその対応について記載いたします。


<不具合の症状> Crux140Travelerでオートガイド中にガイドグラフが、振動や風の影響なく大きく乱高下する。


<症状の原因> 一部の波動歯車装置(いわゆるハーモニックドライブ)に欠陥があることが分かりました。 この欠陥は部品の生産工場で認められ、全出荷台数の約30%になると推測されています。

上記を踏まえましてHobym Observatoryは以下のように対応することを発表いたしました。

<サポート・対応> 不具合のある波動歯車装置を良品に無償交換いたします。 また往復送料も負担いたしますので、送料着払いにて天文ハウスTOMITAへお送りください。(日本国内販売品のみ対応)オートガイド等の撮影をされていらっしゃらない方も動作に不安を感じた方はご相談ください。



<交換部品の準備見込み> 交換対応をご希望の方はまず当店へご連絡いただき、交換対応の整理番号を取得されてください。交換部品の準備を進めておりますが、COVID-19の影響で生産工場での仕上がりにお時間を要しております。2/1以降に随時入荷する予定で進めておりますが、入荷の目途が立ち次第ご案内させていただきます。

<サポート・対応期間> 2021年2月1日~2022年1月31日まで



Crux140Travelerをお使いの方で上記の不具合が発生した皆様には心よりお詫び申し上げます。製品をご安心してお使いいただけるようメーカー・販売店ともに誠心誠意対応してまいりますので、ご理解の程どうか宜しくお願い申し上げます。


閲覧数:777回0件のコメント

最新記事

すべて表示