RDLシステムのタカハシ対応アダプターってどんな感じ?

<PR>

胎内星祭りで実機展示したかったSUPERMOUNTの製品も「星まつり参加できなくて残念セール」に緊急追加!9/4まではセール特価でお求めいただけます!


プレミアムカーボン三脚で人気を博しているSUPERMOUNTのCYGカーボン三脚シリーズの新しいオプションである「RDL(=Rotatable Double Locking)システム」ですが、周囲からのテーパー部を3点ロックする他に、底ネジで固定するダブルロック式となっています。


ただ、タカハシ用やビクセン用のアダプターもラインナップがあって「どうやって固定しているのだろう?」とのご質問も多いので、実際に商品の写真を使って使用方法をご説明いたします。


1.標準の中央ロックネジを分解しましょう。

標準のRDLシステムのLowerサドルには中央固定のネジとして3/8インチのネジがついています。まずはこのネジを分解していきましょう。写真の皿ネジ2本を緩めて取り外します。



2.ロックネジ+プレートを分解しましょう

3/8インチの中央固定ネジは上図のようにプレートに一体型となっています。こちらは不要となりますので取り外しましょう。



3.タカハシ用中央ロックネジ付プレートを取り付けましょう。

タカハシ用Upper プレートを購入すると上図のようなタカハシ用中央ロックネジ付プレートが付属しています。(M12ネジ)こちらを先に取り外した位置に合わせて取り付けます。



4.皿ネジで固定しましょう。

タカハシ用中央ロックネジ付プレートを「1」で分解した皿ネジで再度固定しましょう。

タップ穴の位置を合わせて固定してください。



5.完成!タカハシ仕様への変更完了。

タカハシ用Upperプレートを乗せた状態の写真です。あとは赤道儀を落とし込み穴を合わせて載せて固定すれば完了です。



このようにRDLシステムは使うマウントに合わせて部品を交換することで、複数の規格が異なるメーカー製マウントに対応するようになっています。




おまけ・・

RDL150サイズシステムでは3/8インチ用はをオーダーすると以下のような2枚のプレートが組み合わせされたものとなります。

RSTマウントにも対応したプレートに小さな3/8インチが突出したプレートがセットになったものですね。

底から2本のネジで固定すればRDL150システムでも3/8インチのマウントを接続することができます。


他にもお持ちの機材にあわせたプレートの特注製作にも応じてくれます。

お使いの機材にCYGカーボン三脚を使いたい場合はお気軽にご連絡くださいませ。




閲覧数:275回0件のコメント

最新記事

すべて表示