■特徴


ε-130D鏡筒は明るく平坦な写野が得られる撮影用の望遠鏡です。外観はニュートン式反射に近い印象ですが、双曲面の主鏡と接眼部の補正レンズを組み合わせた設計でフルサイズ周辺まで10μm以内に収まる星像を実現しています。F3.3の明るさと広い写野を持つことを活かした大型の星雲や彗星などの撮影に適しています。低倍率であれば眼視も可能です。EM-11等の比較的小型の赤道儀で運用が可能な鏡筒ですので、イプシロン光学系の鋭像をより気軽に楽しむことができます。

先代のε-130と比べ大幅な性能向上がなされています。主鏡の非球面量の再考と補正レンズ位置の調整により、最小星像は先代よりも1/3以下になりました。また旧型補正レンズの欠点であった歪曲収差も半分以下に補正され、モザイク合成が行いやすくなっています。他にも接眼体台座の大型化により接眼体回りで発生するたわみの軽減、主鏡光軸調整ネジ周りの改良を行い、より扱いやすくなりました。

ファインダーは標準付属品にはなっておらず、6倍30mmファインダーの有り無しをお選びいただけます。必要に応じてお選びください。

タカハシ ε-130D鏡筒(標準仕様6×30F付)

¥267,300価格