top of page

こちらの商品はお取り寄せ、またはビクセンより直送となります。

 

ワイヤレスユニット搭載のデラックスタイプ赤道儀

『 SXD2 赤道儀 WL 』 2022年4月27日(水)新発売

 

SX2赤道儀のデラックスタイプとなえうSXD2。より高精度な天体追尾、より大型の鏡筒や撮影機材の搭載にお応えします。極軸望遠鏡を標準装備、これから本格的な天体写真撮影をお考えの方に。

 

 

Vixen 天体望遠鏡 SXD2赤道儀WLの特長

 

① スマホで赤道儀をコントロール

 

赤道儀としての性能向上のため、素材の見直し、各所へのベアリングの採用、そして各パーツの切削から加工まで全工程にこだわったハイスペック赤道儀です。お持ちのスマートフォンやタブレット端末がコントローラーとなり、高精度な天体自動追尾など天体ナビゲーション機能を活用できる、「ワイヤレスユニット」を搭載しています。

 

② ケーブルレスで快適な天体ナビゲーション

 

赤道儀を無線で制御できるコントローラーユニット「ワイヤレスユニット」を付属しています。スマホアプリ「STAR BOOK Wireless」(無料)により赤道儀の制御はもちろん、天体ナビゲーションなどの機能をケーブルレスで快適にお楽しみいただけます。

 

③ STAR BOOK TENのDNAを継承するアプリ「STAR BOOK Wireless」

 

星図を確認しながら見たい天体をタップすれば自動的に視野に導入、追尾が始まります。快適な操作性で高い評価をいただいているSTAR BOOK TENコントローラーの表示を踏襲し、従来のSTAR BOOK TENユーザーにも違和感なくお使いいただけます。

 

④ 搭載可能重量が12kg(SX2赤道儀WL)から15kgへ

 

赤経赤緯の回転軸を、アルミ軽合金から肉厚のスチール材へ、駆動の要となる歯車をアルミ製から真鍮製に変更することで、剛性と精度を高めました。搭載可能な重量もSX2赤道儀WLの12kgから15kgへと増加、より大きな鏡筒への交換や一眼カメラ、CMOSカメラ等の追加搭載も可能になりました。

 

⑤ 高精度でよりスムーズな動作に!

 

架台を構成する多くのパーツに改良が施されています。赤経赤緯軸とウォームネジ部にベアリングを追加、さらにウォームネジの偏心低減や、ウォームホイル全周と合わせてのラッピング(研磨)加工により、極めてなめらかな動作を実現しています。

 

⑥ パルスモーターの採用で動作の安定性、レスポンスも向上

 

従来の直流モーターに代わり、250パルス/秒で駆動するマイクロステップ方式のパルスモーター(ステッピングモーター)を採用。低速から高速域までスムーズに制御され、操作に対するレスポンスも向上。

 

⑦ 扱いやすい極軸望遠鏡

 

手軽な操作で赤道儀を高精度設置できる装置です(南北半球対応)。天の北極(天の南極)付近の星空を示すスケールを内蔵、北極星と近隣の星2つ(合計3つ)をスケールの所定位置に導入することで手軽に3分角以内の精度で極軸を合わせられます(北半球の場合)。ボタン一つで点灯する暗視野照明(赤色LED)を内蔵。スケールそのものが赤く光るため、暗い星が背景に埋もれて見えなくなることがありません。極軸望遠鏡をのぞいたまま全てを調整できますので、暗所での利便性が大変よいものになっています。スケールの明るさは8段階可変式ですので、好みの明るさで使用できます。また1~2分で自動消灯(徐々に減光)、使用後の消し忘れも防止できます。

 

⑧ 力学に基づく合理性:ウェイトレス構造(モーメント荷重の低減)

 

SXシリーズで培ったウェイトレス構造を継承。モーターやウォーム軸、ウォームホイルなど重さを担う主要パーツをウェイト側に集約、不動点から筒受け(機器を搭載する箇所)までの距離を短くすることで力学的に有利な構造を採用。より少ないウェイトで搭載機器との重量バランスを取ることができます。搭載機器の重量によってはウェイトレスも可能です。

 

⑨ 機材の設置撤収時に便利な伸縮式ウェイト軸

 

ウェイト軸には耐蝕性に優れるステンレス素材を使用。赤道儀本体に収納される伸縮式ですから、スピーディなセッティングが可能です。太さ20mmでSXシリーズ共通のバランスウェイトを使用できます。

 

※ 専用アプリ「STAR BOOK Wireless」ダウンロードについて

「iOS版アプリ」 ダウンロード開始日:3月30日(水)

「Android版アプリ」 ダウンロード開始日:4月末日予定

 

ビクセン SXD2 赤道儀 WL【お取り寄せ】

¥280,500価格
消費税込み