赤道儀 / 架台 サポートページ

よくあるご質問-FAQ
ファームウェア &​ ドライバ ダウンロード
hobym_logo_01.jpg

​ファームウェア

Version 3.3.0

2020-05-05

Titan TCS

​・N.I.N.AとASCOMを接続する際の座標変換のバグを修正しました。

​・ASI Airに15文字の入力を許可するようにWiFiSSIDを変更。

バージョン 3.1.2

2020-01-31

ASCOM ドライバ

バージョン 3.2.2

バージョン 3.1.2

バージョン 3.2.2

2020-03-09

​・Version 3.2.2より、Wifi通信に対応いたしました。

アップデータを使用して、BluetoothとWiFiのどちらを使用するか選択できます。

​・セーフパワーオート機能を追加

SYNC または PEC の学習データがある場合に、重要なデータが誤って削除されるのを防止するために、TCSはパーキング時にのみ電源をオフにします。

[Safety]>[Safe Power off]メニューで設定を変更できます。

(*TitanTCSハードウェアがV2.0以降の場合にのみサポートされます。)

・RA InfoとDEC Info に追加された機能

ユーザーが自分のマウントとモーターの重要な情報を確認できるようにします。

[Help]>[RA Info]、[Help]>[DEC Info]で利用できます。

​・ファームウェアの更新後にモードが Az / Alt に変更されてしまうバグを修正。

バージョン 3.3.0

raibowastro_logo_01.jpg

対象機種:すべての機種

USB ドライバ

対象機種:すべての機種

ファームウェア

​ダウンローダー

ファームウェア​

RST-135

バージョン V 200131

2020.01.31

・ホーミング範囲を200度に変更

・自動導入をキャンセルすると、鏡筒が子午線越え反転するバグを修正

​・南半球経緯台モードでマウントが反転動作していたバグを修正

バージョン V 200828

2020-08-28

​・日食機能を追加(チュートリアルとマニュアルに追加)。

 参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=PzWc7adS-RY

・高度/方位、赤経/赤緯を同時に表示する画面を追加。

・​一部のメニュー(Wifi情報、バランス、バージョン)でトラッキングが停止す

 るバグを修正。

​・観測場所の選択が間違って表示されるバグを修正。

バージョン V 201218

2020-12-22

※今回のアップデートにより、Parking1、Parking2の値が変更になります。値を入力している場合は、更新する前にそれらを Parking3 と Parking4 に移動してください。

・マウントが北天の極(または南天の極、DEC値0または360)を向いていると

 きに、RAが突然回転するバグを修正。

 

・Parking1 を「Default」に変更

 値はマウントタイプに応じて自動的に設定されます。

 

 赤道儀モード 北半球 AZI 270、ALT 0

​ 赤道儀モード 南半球 AZI 090、ALT 0

 経緯台モード 北半球 AZI 180、ALT 0

 経緯台モード 南半球 AZI 360、ALT 0

・Parking2 を「Polar Axis」に変更

 マウントのホーミング後にのみ機能

 画面の ENTキーを押すと、マウントは北半球の極軸(南半球の極軸)を向きま

 す。

 極軸をASIAIR、Sharpcap、Stellamateなどと位置合わせをするときに使用さ

 れます。

 子午線制限の入力値を2桁から3桁に変更します。

ファームウェア​

RST-300

バージョン V 200828

2020-08-28

​・日食機能を追加(チュートリアルとマニュアルに追加)。

 参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=PzWc7adS-RY

・高度/方位、赤経/赤緯を同時に表示する画面を追加。

・​一部のメニュー(Wifi情報、バランス、バージョン)でトラッキングが停止す

 るバグを修正。

​・観測場所の選択が間違って表示されるバグを修正。

バージョン V 201218

2020-12-22

※今回のアップデートにより、Parking1、Parking2の値が変更になります。値を入力している場合は、更新する前にそれらを Parking3 と Parking4 に移動してください。

・マウントが北天の極(または南天の極、DEC値0または360)を向いていると

 きに、RAが突然回転するバグを修正。

 

・Parking1 を「Default」に変更

 値はマウントタイプに応じて自動的に設定されます。

 

 赤道儀モード 北半球 AZI 270、ALT 0

​ 赤道儀モード 南半球 AZI 090、ALT 0

 経緯台モード 北半球 AZI 180、ALT 0

 経緯台モード 南半球 AZI 360、ALT 0

・Parking2 を「Polar Axis」に変更

 マウントのホーミング後にのみ機能

 画面の ENTキーを押すと、マウントは北半球の極軸(南半球の極軸)を向きま

 す。

 極軸をASIAIR、Sharpcap、Stellamateなどと位置合わせをするときに使用さ

 れます。

 子午線制限の入力値を2桁から3桁に変更します。

ファームウェア​

RST-150H

バージョン V 200828

2020-08-28

Wifi 非対応機種

Wifi 対応機種

・ASCOMドライバがマウントのUSB/Wifiモードを強制的に変更できるよう

 します。

・原点復帰時の消費電流を削減。

​・[Enc Err]または、[Motor Jam]の場合にハンドコントローラーのLCDに入力

 電圧を表示します。入力電圧が低いとこのエラーが発生する場合がありま

 す。

・Lower Limit を入力した時に、基準星リストが表示されないバグを修正。

・Izarデータエラーを修正。

​・日食機能を追加(チュートリアルとマニュアルに追加)。

 参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=PzWc7adS-RY

・高度/方位、赤経/赤緯を同時に表示する画面を追加。

・一部のメニュー(Wifi情報、バランス、バージョン)でトラッキングが停止す

 るバグを修正。

​・観測場所の選択が間違って表示されるバグを修正。

バージョン V 200131

2020.01.31

Wifi 非対応機種

Wifi 対応機種

・ホーミング範囲を200度に変更

・自動導入をキャンセルすると、鏡筒が子午線越え反転するバグを修正

​・南半球経緯台モードでマウントが反転動作していたバグを修正

ファームウェア​

RST-400

MC700GE-II

バージョン V 200828

2020-08-28

・ASCOMドライバがマウントのUSB/Wifiモードを強制的に変更できるよう

 します。

・原点復帰時の消費電流を削減。

​・[Enc Err]または、[Motor Jam]の場合にハンドコントローラーのLCDに入力

 電圧を表示します。入力電圧が低いとこのエラーが発生する場合がありま

 す。

・Lower Limit を入力した時に、基準星リストが表示されないバグを修正。

・Izarデータエラーを修正。

​・日食機能を追加(チュートリアルとマニュアルに追加)。

 参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=PzWc7adS-RY

・高度/方位、赤経/赤緯を同時に表示する画面を追加。

・一部のメニュー(Wifi情報、バランス、バージョン)でトラッキングが停止す

 るバグを修正。

​・観測場所の選択が間違って表示されるバグを修正。

・MC700GE-IIおよびRST-400モデルのモータージャムエラー検出精度が高く

 なりました。

バージョン V 200131

2020.01.31

​対象機種:RST-400 / MC700GE-II

・ホーミング範囲を200度に変更

・自動導入をキャンセルすると、鏡筒が子午線越え反転するバグを修正

​・南半球経緯台モードでマウントが反転動作していたバグを修正

ASCOM ドライバ​

RST-135

RST-150H

RST-300

RST-400

MC700GE-II

バージョン V 2.0.7a

2020-06-26

・RST-300がマウントリストに追加されました。

・ASCOMドライバはマウントのプロトコルとUSB/Wifi設定を強制的に正しく

 変更します(マウントのファームウェアをV.200625以降にアップデートして

 ください。)

バージョン V 2.0.5

2019.09.29

​対象機種:RST-135 / RST-150H / RST-400 / MC700GE-II

・観測地の情報を手動で入力できるようになりました

・今後のバグ修正のために、ログの書き込み容量を追加しました

​・修正された問題

 ① マウントがSideOfPierの値を正しく返さない

 ② ASCOMドライバがシャットダウンせず、バックグラウンドで動作する

   事がある

​ ③ PHD2の切断の問題

バージョン V 2.0.10

2020-12-23

・GuideRateに誤って応答するバグを修正しました(GuideRateDeclination、

 GuideRateRightAscension)

・ASCOM互換性の改善

 許容値の範囲外の入力処理の強化

・SideOfPierの改善

​ スターアライメントまたは同期結果が適用されました。

ASCOM ドライバ​

RSF シリーズ

バージョン V 1.0.2

2018.11.28

​対象機種:RSF シリーズ

・SGProのオートフォーカス機能をサポート

サテライトデータ

​アップローダー

RST-135

RST-150H

RST-400

​MC700GE-II

バージョン V 0.1

2020.03.08

​対象機種:RST-135 / RST-150H / RST-400 / MC700GE-II

・初期バージョン