■特徴

 

ε-180ED鏡筒は最大級の明るさを持ちながらイメージサークル周辺まで平坦で針で突いたような鋭像が得られる撮影用の望遠鏡です。望遠鏡としては極めて明るいF2.8を実現していますので、非常に淡い天体の撮影や、露光時間を長くかけられない対象の撮影に威力を発揮します。凸レンズにEDガラスを用いた新設計の補正レンズが採用され、シュミットカメラを上回るほどの完璧な収差補正を実現しました。従来型と比べると、近紫外域から赤外域までの色収差量は約半分に減少しています。またF2.8という、イプシロン光学系では限界に近い明るさにもかかわらず、画角5°のところでも星像は約10μmと従来型の三分の一の収差量です。歪曲収差も約三分の一まで小さくなっていて、周辺光量も短径80mmの大きな斜鏡により可能な限り改善しています。

ファインダーは接眼体付近の他に鏡筒の後部にも取り付けが可能です。後部に取り付けることで重心を少し後へ移動させることができます。カメラが重い場合などで鏡筒前後の均衡をとる際にお役立てください。

PCと接続してピント合わせができるβ-SGRを搭載した仕様でも販売しています。より厳密なピント合わせを行いたい場合はこちらをご検討ください。

タカハシ ε-180ED(標準仕様)