【対応機種】
 FSQ-106ED

 

645レデューサーQE0.72XはFSQ-106EDに装着することで焦点距離380mm、口径比1:3.6と屈折望遠鏡では類を見ないほど明るすることができる補正レンズです。4群4枚の大口径レンズを使用し、大きなイメージサークルと豊富な周辺光量、そしてイメージサークル全面に渡る鋭像を実現しています。
イメージサークルはφ60mm、光量約70%以上を確保しています。また35mmフルサイズカメラの対角にあたるφ44mmの部分では90%以上の光量があります。レデューサーQE0.73Xと比較すると約50%増の周辺光量で、現在一般に市販されている冷却CCDカメラやデジタル一眼レフカメラではほぼ周辺減光が気にることがありません。
注:カメラマウントやミラーボックスでのケラレが発生する場合があります。

標準セットは645レデューサーQE0.72×本体と645RDアダプター、645RD補助リング、2種アダプター(CCA-250)の4点のセットです。別途カメラマウントDX-WRをご用意いただければキヤノンEOSやニコンのカメラで撮影ができます。

レデュサー本体の取り付けは、FSQ-106ED鏡筒内部のG4レンズ後端ネジに直接ねじ込む形で、接眼部にかかる負担を軽減できる構造になっています。先に645RDアダプターをドロチューブに取り付けてからレデューサー本体を645RDアダプターの中を通してG4レンズ後端へねじ込んで取り付けます。レデューサー本体接眼側にネジはありません。645RD補助リング以降は645RDアダプターに接続されます。

645レデューサー QE0.72×標準セット

¥212,300価格