• Na-suke

手乗りスコープ!? SVBONY_SV410展示中!!

最終更新: 2020年10月19日

望遠鏡、双眼鏡、カメラ、などなど。。

機材を持ち運ぶ上で、

一番ネックになるのが"重さ"と"大きさ"。


そんな悩みを払拭する!?

当店女性スタッフの手にもすっぽり収まるこのカタチ♪


今回ご紹介するのは、

SVBONY社のフィールドスコープ。


"SV410"


とにかく小型で軽量な点がポイント!

本体重さは550g。

(だいたい500mlペットボトルとおんなじくらい)


口径は56mm。

"EDレンズ"仕様で昼間の風景でも"色にじみ"が少ない。

(安価なHDレンズ仕様もラインナップされてます。)



接眼レンズ。

マルチコートです。



スペックは、

9倍~27倍までの3倍ズーム。

接眼レンズ根元のリングで倍率調整。


ほとんどのカメラ三脚に対応。




付属品はこんな感じ。



ピッタリ装着できるソフトケースはストラップ付き。

肩掛けもOK!!

装着したままでもズームとピントリングは回せます。



安心の日本語説明書。

でも難しい操作はありませんでした。


ただの風景で見え方イメージ。(スマホコリメート)

最低倍率9倍時。

低倍率だけあって割とカチっとした視界。


最高倍率27倍。

さすがに中央から外れたところでは収差を感じましたが許容範囲。




当店保有の展示品、

製品には"HD"の記載がありますが、

パッケージ側にはちゃんと"ED"にチェックが、、、

即メーカー確認したところ、

製品は"EDレンズ"仕様で間違いないとのこと。


大事なのは中身ですし、

もし間違いがあっても対応してくれるメーカーさんですので、

こういった点は気にしない方がいいのかな!?


SVBONY公式ページ




なんやかんやと紹介してきましたが、、



とにかく最大の"売り"は小型軽量であること!

よくあるサイズのものと比較するとこーーんなにも違いが、、、


正直なところ、、

月や惑星をクローズアップして観察するのには、

倍率がもう少し欲しいところですが、

天の川を散歩したり、すばるなどの星団を観に行ったり。。

気軽に宇宙を散策できるスコープではないでしょうか?


また、ネイチャーユースとしては、

山で景色を眺めたり、川で野鳥を追っかけたり、

"小型軽量"は持ち出すのに躊躇することなく、

いろいろと"遊べるスコープ"だと感じました。



"SV410ED"実機はトミタ店頭に展示しています。

「ご興味がございましたら詳細をご覧していただけます!!」



SV410 8-24x50HD : 12,880円

SV410 9-27x56ED : 16,880円

(2020年10月18日価格、税込。)


セール等により価格が変動する場合がありますが、

当店でも購入可能です。

お問い合わせページより直接ご連絡ください。




ありがとうございました。

478回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示