早期予約割引!QHY268M発売!

16bit CMOSセンサー"QHY600”の弟分、QHY268MがついにQHYCCD社より発売されました。使いやすいAPS-Cサイズの裏面照射型CMOSセンサー"SONY IMX571”を搭載した待望のモノクロCMOSカメラです。


現在QHYCCDでは早期予約キャンペーンを開催!1月中のご予約をいただければ早期割引価格でご提供することをお約束いたします!納期は確認中ですが、2月末~3月中旬を予定しています。


ご予約はお問い合わせフォームよりお願い致します。


QHY268Mは2600万画素の高解像度カメラ。ADCは16bitをサポートし、ピクセルサイズも3.76μと高精細。

<QHY268M仕様> ・センサー:SONY APS-C CMOS Sensor IMX571(裏面照射型CMOS)

・ピクセルサイズ:3.76μm x 3.76μm

・有効画素数:2600万画素 (有効エリア:6280x4210)

・フルウェルキャパシティ: 51ke-(エクステンドフルウェルモードでは71ke-超)

・A/Dコンバータ :16Bit

・Zero Amp Glow:あり

・メモリ:Build-in total 64MByte Flash Memory

・バッファメモリ:1GByte/2GByte DDR3 Memory

・冷却機能:2段冷却(外気温-35℃)

・結露防止ヒーター:あり

・バックフォーカス:12.5mm

モノクロ版のQHY268Mはショートバックフォーカス仕様が標準となっています。フィルターホイールとの組み合わせでも十分なバックフォーカスが確保できますので、カメラレンズとの組み合わせにも最適となりました。


そこでK-ASTECさんと共同開発で以下のようなオリジナルアダプターセットを考案・開発中です。


QHY268M側にカメラ回転機構がありませんので、フィルターホイールとQHY268Mとの間にテーパーリング式で着脱が容易なアダプターをご用意いたします。またカメラ側から用意にスケアリング調整もできるようにいたします。(QHY268M本体側にもスケアリング調整機能がありますが、都度カメラを外しながら調整しないといけませんので大変不便です)

またアダプターにはアルカスイス規格プレートなどを接続できる台座もつきますので、上図のようにカメラレンズとの組み合わせもバランス良くマウンティングできるシステムとなるでしょう。さらに望遠鏡ユースとしてはタカハシの鏡筒に簡単に組み込めるようにバックフォーカス56.2mmに調整された望遠鏡用接続アダプターもお選びいただけるように準備しております。(各セットやアダプターの価格は後日発表)


以下はQHYCCD純正構成での組み合わせ。レンズの保持が難しそうですね^^;


QHY268Mは「ちょうど良い」APS-Cセンサーです。お持ちの光学系の最も良い部分の性能を十分に発揮して様々な撮影対象で活躍するカメラでしょう。

感度もピークQE 78%と大変高感度。またピクセルサイズも3.76μで、2x2ビニングしても7.52μはありがたいですね。



1月末までに早期ご予約割引キャンペーン(QHY268Mカメラ本体)

通常価格 275,000円(税別)のところ ↓

早期ご予約特価 240,000円(税別)


お早めにご検討くださいませ。

※カメラレンズアダプター等のセット品も早期割引特価をベースにお見積いたします。


ご予約はお問い合わせフォームまで。








1,242回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示