天体望遠鏡"出張メンテナンス" in 香川県まんのう町



しばらくぶりの天文台出張メンテナンス記事となりました。

福岡県下への緊急事態宣言は解除されましたが、県内外への出張業務は訪問先に事前確認を行い許可を得たうえ、社内感染症対策を徹底し実施しております。


 

さて、今回の訪問先は"香川県まんのう町"です。

四国といえば瀬戸大橋ですね。

連なる主塔と緩やかなカーブ具合がかっこいい。


四国が近づくと坂出の工場群がお出迎え。

工場地帯は言うに及ばずかっこいい。


橋を渡り終えまんのう町に入ると景色は一変。

田園風景のゆったりした道が続きます。


到着です!これが"まんのう天文台"

大川山のほぼ頂上。標高1,000メートルに佇む別荘風のオシャレな外観。

(ちなみに今回は"Newトミタ号"での参戦。)


左の塔が天文台。

コンクリート造り螺旋の階段を昇っていきます。

昇るにつれ期待が膨らむ感じ。わくわく♪


昇りきると天文台。

主砲は"ミューロン300CRS"。


30cm主鏡鏡面の洗浄から。1年ぶり。


脇を固めるサブ鏡筒は"TOA-130"。

天体守備範囲には死角なし。


赤道儀の調整。

中央光学片持ちフォークは限られた観測室内でもスペースを占領しません。


など、

1年ぶりのメンテナンス訪問でしたが、大きな異常はみられず無事終了となりました。

作業時にいくつか課題がでましたので、この点は後日まとめて担当者様に報告したいと思います。


 

さて、

"まんのう天文台"ですが

コロナ対策に配慮しながら開館を継続されています。

要事前予約マスク着用等。詳細はまんのう天文台HPにて。


また最近ではYouTubeチャンネルを開設され、動画配信にも力を入れていらっしゃいます。ぜひ、"まんのう天文台"で宇宙を観てみよう!!


 

こちらは、

お土産にいただいた愛媛のお菓子"媛の月"

星ナビ2021年7月号"飲み星食い月す"のコーナーで取り上げられていましたよね。


帰社後スタッフで美味しくいただきました!

 

天文ハウスTOMITAでは、小型望遠鏡のメンテナンスだけではなく、天文台施設の大型望遠鏡や天体観測ドームなどの、 メンテナンス・修繕・改修なども承っております。



くわしくは↓


トミタHP公共天文台メンテナンス にてご紹介しております。


 

最後まで読んでいただき、


ありがとうございました!


閲覧数:485回0件のコメント