現在(いま)も変わらぬ光学系 -鏡筒メンテナンス2021年6月のまとめ-

先週公開したメンテブログの番外編「シーズン・イン・ザ・カビ」

まだまだ続く梅雨シーズンですが、光学機器の管理、保管状況は問題ないでしょうか??

もし、長年眠ってしまっている機材がある!って方はこの機会にチェックされてみてください。番外編の後半では保管方法などもご紹介しておりますので、参考にしていただければと思います。


さて、

今月も様々な鏡筒のメンテナンスを行いました。少しですがその内容をご紹介させていただきます。一部の機材マニアの方に向けたニッチな連載です。

ご興味のある方のみ(?)お読みいただければ幸いです。


☆ヨシカワ光器 YK-200

ニュートン反射の名機と名高い、ヨシカワ光器"YK-200"

口径は余裕の"20cm"!なんといっても"F/8"という無理のない設計!

現行機ではすっかり見かけなくなった眼視最強スペック


長年の使用により鏡面の劣化が目立っていました。

今回の主訴である"反射鏡再メッキ"の様子をお伝えします。



「主鏡裏からコンニチワ!!」


一度ヒトの顔に見えだしたら止まらない現象。

主鏡セルから主鏡を取り外します。







予想よりも劣化(薄膜)が進んでいました。

メッキの状態を確認する際には、裏面からライトなどで照射すると一目瞭然。









同じ時代を駆け抜けてきた"相方さん"

斜鏡も同様の状態でした。







再メッキは専門業者にて、劣化膜を剥離した後、新たに成膜を施します。





主鏡再メッキ後。

裏面照射してもこの通り。

反射膜が光を通しません。










斜鏡もこの通り。

硝材に腐食や劣化はみられずメッキのノリは良好です。





通常の再メッキの仕様は"アルミニウム反射成膜+シリコン保護膜"

"Al蒸着面"にうすーく"シリコン保護膜"をコーティングするわけです。

なので略さずに言うと"再メッキコーティング"となります。

可視光平均で"85%以上"の反射率です。