鏡筒メンテ 12月のまとめ

今月も様々な鏡筒のメンテナンス依頼をいただきましたので、

少しですがその内容をご紹介をさせていただきます。

一部の機材マニアの方に向けたニッチな連載です。

ご興味のある方のみ(?)お読みいただければ幸いです。

 
☆Vixen VC200L

独自のカタディオプトリック式。

VISAC(ヴァイザック)


ビクセンのロングセラーフォトビジュアル機。

"VC200L"


ここ好きなんですよ!

専用ファインダー脚が短足でカワイイところ♪


閑話休題、、


オーバーホールのご依頼をいただきました。

比較的、分解はしやすい鏡筒の造りです。主鏡の洗浄。


バッフル内に納められた補正レンズ系。

6次非球面の心臓部。

接眼部ドローチューブグリスの昇華と思われる粒状の汚れ。


分解洗浄は枚数多いので結構大変なんですが、、


キレイになりましたね☆


主鏡も綺麗になりました。


そして仕上げは光軸調整。

作業前後(焦点外像+3mm)


なかなか手ごわいヴァイザックの調整ですが、

上手くいったようです♪

 
☆MEADE EQM-127

シンプルなニュートン反射鏡筒の光軸調整のみのご依頼デシタ。


主鏡の調整機構には2段重ねの"Oリング"が取り付けてあり、

適度なテンションかかってて感覚的な調整が可能。


基本に忠実なニュートンの光軸調整。

作業前後(焦点像±0mm)


作業前後(焦点内像-3mm)


取り回しも良い13cmニュートン。

キリリとした像でした。


 
☆Masuyama 25mm 52°

往年の名アイピースブランド。

"Masuyama"見かけ視界52°モデルです。


カビの付着はレンズ全面に。

まさに"Fully カビ Coated!!"状態。


今回はオーバーホールのご依頼。

さっそく分解してみましょう⤴


レンズ面の洗浄です。

レンズ構成はもちろんオリジナルエルフレ式(=マスヤマ式)


レンズ面のカビ付着がひどい場合は、

筒、ねじ込み、スリーブなどにもカビは付着していることも。。


貼り合わせレンズの接着剤劣化。

俗に言うバルサム切れ。

このような症状は対処が難しいため現状のままとなります。


作業完了です。

バルサム切れ(レンズ面の1/3程度)が気になるところですが、

カビがとれた状態にご満足いただけたご様子です。


 
☆タカハシ MT-200(接眼部のみ)

最近よくご相談を受けるようになりました。

HP基本メンテナンスメニューには記載がありませんが、

部分的なメンテナンスもご相談に応じ対応したりします。


今回お預りしたのは"MT-200接眼部"のみ。

ドローチューブと回転装置の動作不良でした。


分解して劣化グリスはすべて洗浄します。


分解洗浄後の様子です。

洗浄液が黒ずんでいます。


グリスアップ調整を行い動作不良は解消しました。


サビや腐食してるパーツには可能な範囲で磨きをかけてます。

キレイな方がイイですからね☆

 
☆セレストロン C9.25

飾りリングの意匠文字がアメリカン!

"セレストロン C9.25 Kyoei仕様"


カウンター付きピントノブ。


光学系の洗浄と、

ピント周りのグリスアップを行いました。


9.25??

9と1/4??

23cm??

など、呼び方に困る機材。

皆さんなんて呼んでますか??

 
☆ビクセン FL-102S

ビクセンのフローライト2枚玉アポ。。

"FL"


フローライトによる色消しと、

F/9という無理のない光学設計で、

名機と呼ばれいまだにご愛用されている方も多いですよね。


タカハシ初期"FCシリーズ"のようなくもり症状が少ないことも特徴です。


分解してみましょう♪

主に第一レンズ(ガラス)表面にカビの付着がみられます。


第二レンズ(FL)にも僅かですが数か所に。


レンズカビや汚れは万病のもと!

放置しておくとコーティングや硝材の劣化に繋がります。