【星宴ソクホウ!】ロゴマークに込められた想い

こんにちは!今年も星宴のロゴマークを担当しました、サカイです(*^-^*)







じゃ~~ん!今年もイイ感じに仕上がりました(自信を持って自画自賛)


昨年の流れを継承しつつ今年ならではのデザインです。

※昨年のロゴをまだ見たことがない方は昨年のブログ記事をごらんください。

→→https://y-tomita.blog.ss-blog.jp/2019-06-08←←

実は今年の星宴実行委員会はすでに年始から活動しており、その頃にはコレではない別のロゴが完成しておりました。

しかしみなさまもご存知の通り新型コロナウイルス感染症が広まり世の中が大きく変わりました。

昨年、大復活を遂げたばかりの“星宴”にも多大な影響を及ぼし、中止をすべきかどうか実行委員会でももちろん議論されました。時期や社会情勢など様々なことを考慮し、参加者の安全を一番に考え、直前になって中止となることもあるかもしれません。

しかしやるからには精一杯やりたい!スタッフも参加者の一人として全員で楽しいイベントを創りあげたい!というのがTOMITAの想いです。

さて、このロゴに込められた想いですが、まさにwithコロナを表現しております。




①『星宴』の文字。 これは天文ハウスTOMITAの支配人の魂の一筆です!力強いですね!イベントにかける熱い想いが込められています。

②『星』と『宴』の間に挟まれた星団。(7つの星) これは九州の大陸をイメージしています。そんな中でも2年連続で開催させていただく熊本は色を変えています。

③バックにみえる天の川。 天文ファンをつなぐ架け橋をイメージしております。これは九州中、いや九州を超えてみなさまの橋となるようなイベントにしたいとの想いを込めました。それと同時にこの星々を、私たちを含むたくさんの天文ファンととらえ架け橋を渡って熊本に集合するようなイメージも含んでいます。





④新型コロナ=太陽コロナで表現し、

みんなコロナ禍にいてコロナと付き合っていかなければならないけど、火の国熊本で、元気いっぱい星を掲げるイメージを持たせました。太陽にも青空にも皆様の健康と元気を願う気持ちを込めました。 ⑤ロゴマークの中でも異彩を放つ肌色のキャラクター。 これは『色んな人』を表現しています。まぁるい人も、さんかくな人も、しかくい人も、いろんなタイプの人がいますが、この日ばかりは心から裸になってただただ仲良く星空を楽しみましょう。という想いです。

今年は夜空に火星・木星・土星が競演することから、キャラクターとして混じっています。

そしてマスクをし、一定の距離を保つことを表現しました。

きっとこんな特殊なロゴになるのは今年だけでしょう!!ポジティブに考えればかなりのレア物です( `―´)v

ロゴマークをあしらった星宴2020缶バッジはイベント当日、会場に足を運んでくれた方限定で先着100名様にプレゼント予定。

ぜひ会場でゲットしていただければ嬉しいです♪

それでは!



★星宴2020の最新情報はホームページをチェック★

→→→https://www.astroshop-tomita.com/seien2020←←←

閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示