開封!QHY268Mセット

QHYCCDより発売された最新カメラQHY268Mが入荷いたしましたので、パッケージ内容と製品の詳細をご紹介いたします。


QHY268M商品ページはコチラ>

 QHYCCD QHY268M モノクロCmosカメラ   275,000円(税別)

初期状態ではカメラ先端にM54メスアダプター(厚み4mm)がついています。これはメタルキャップを取り付けるためでもありますが、後述の光路長を調整するリングの先端に取り付けてM54接続できるためのアダプターです。ただし、なぜかメスネジの先に「ツバ」があり、タカハシのようにM54オスネジが4mm以上ある接続リングでは頭打ちしてしまいます。TOMITAではご希望の方にはツバ無しのM54メスアダプター(厚み3mm)をサービスでお付けいたしますのでお気軽にお申し付けください。こちらに取り替えればM54オスネジの高さが5mm程度あっても問題なく取り付けられます。(リングの内側にもスペースがあるため)


次にセンサー面を見ていきましょう。

先のM54メスアダプターを取り外した状態です。センサー外周に見える6箇所のネジ穴を使って接続リングアダプター類やCFW3に取り付けをします。さらにその外周には1本の引きネジと2本のオシネジがセットとなったスケアリング調整機構(3箇所)が見えますね。QHY268Mはこの調整機構はゼロアジャストされた状態で出荷されていますが、基本的に写真のプレート面とセンサー面のスケアリング状態は平行になっています。

またちょうどいいサイズのAPS-Cセンサーの周囲には結露防止ヒーターが内蔵されていますのでセンサー保護ガラスが結露する心配もありません。

フルサイズ16bit カメラで人気のQHY600とのセンサーサイズの比較図です。広範囲を撮影できるフルサイズも魅力的ですが、光学系も性能も選びます。望遠鏡の性能を発揮する良いところをうまく使えるAPS-Cサイズはユーザーがもっとも求めているサイズのセンサーではないでしょうか。


カメラの全長もQHY600PHと比べると24mm程コンパクトになりました。またカメラ先端の形状もQHY600にあるテーパーリングが廃止されました。これによりバックフォーカスが確保され、カメラレンズとの接続も可能になりました。ただしテーパーリング部でカメラの回転ができていたことが不可能になりましたので、光学系側やその他の工夫でカメラの回転機構を別途設ける必要もあります。(TOMITAではK-ASTECと共同開発の回転機構付き接続アダプターをご用意しています)